今時target=”_blank”なんてやってると笑われるので、JavaScriptで実装する方法。
ぐぐると色々なやり方があるようだけど、例えばRailsのerbだと

<%= link_to("新しいウィンドウで開く", "http://blog.larus.jp/", :popup => true) %>

のようにhelperが用意されてて、出力されるのは以下のようなhtmlになる。

<a href="http://blog.larus.jp/" onclick="window.open(this.href);return false;">新しいウィンドウで開く</a>

もちろんJavaScriptが無効になってるとそのウィンドウで開いてしまうのだけど、リンクが機能しないわけでもないからいいか。

redmineをいじってるうちに、ローカルで動かすGitのリポジトリビューアが欲しくなった。
一応gitにGUIはついているものの、MacでXを立ち上げるのも億劫だし見た目もよろしくない。
まぁ、実際のコミットだのなんだのといった作業はコマンドラインで十分なので、差分だけぱっと見て分かれば良い。そんなのないかなぁと思って探したら、GitXがなかなか見やすくて良かった。
似たようなのがLinuxにもないかな…と思ってaptitude search gitしてみたら、gtkアプリのgitgというのがほぼそのまんまだった。アイコンまでそっくり。どっちがオリジナルなのか…gitgの方にGitX likeとか書いてあるからGitXが先か。まぁ何でもいいけど。

たまにしか使わないのでよく忘れるコト。

作業ディレクトリをリポジトリ化する

cd /path/to/project
git init

空のリポジトリを作成する

mkdir project
cd project
git init --bare

ローカルリポジトリをリモートにコピー
(リモートに空のリポジトリを作成してから)

cd project
git remote add origin ssh://remotehost/path/to/project
git push origin master

特定のリビジョンのファイル内容を表示
(リビジョンはgit logで出てくる0c533178483e07649ec91462c97c0fe8889fa80aみたいな文字列)

git show 0c533178483e07649ec91462c97c0fe8889fa80a:config/deploy.rb

More »