WP Rails Authenticateに手を加える過程で便利だったのが、FIrebugのプラグインFirePHP。php内でデバッグログを出力させてFirebugのコンソールに表示することができる。ちょっとしたプラグインの改造にはとても便利。
ライブラリは直接埋め込んでもいいが、WordpressならSimple WP FirePHPというプラグインがあるので、これを入れるだけでいい。
で、プラグインの適当な所に

FB::group('group one');
FB::log($object, 'some object data');
FB::groupEnd();

とか埋め込んでやればFirebugに表示される。文字列だけではなく、配列だのハッシュだのを放り込んでも適当に整形してくれる(rubyのppっぽく)。なお、groupは表示を分けてくれるだけなので無くても良い。
ついでに、cookieの内容が見れるFireCookieなんてのもある。全くFirebug様々です。しかしあのGっぽいアイコンだけはどうにかならないものか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>