たまにしか使わないのでよく忘れるコト。

作業ディレクトリをリポジトリ化する

cd /path/to/project
git init

空のリポジトリを作成する

mkdir project
cd project
git init --bare

ローカルリポジトリをリモートにコピー
(リモートに空のリポジトリを作成してから)

cd project
git remote add origin ssh://remotehost/path/to/project
git push origin master

特定のリビジョンのファイル内容を表示
(リビジョンはgit logで出てくる0c533178483e07649ec91462c97c0fe8889fa80aみたいな文字列)

git show 0c533178483e07649ec91462c97c0fe8889fa80a:config/deploy.rb


おまけその1。
capistranoで初回にデプロイするまで

cd project
capify .
cap deploy:setup
cap deploy:cold

おまけその2。
will_paginateインストール

sudo gem sources -a http://gems.github.com/
udo gem install mislav-will_paginate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>