TDD

トゥアハー・デ・ダナンではありません。
rspecで開発する際、今までruby script/spec なんちゃらかんちゃら…と手でいちいち実行してたけど、autospecを教えてもらったらとても便利だったのでメモ。
autospecはrspecかrspec-railsに入っているので、gemを入れてパスを通しておけば特に設定不要。RAILS_ROOTで

autospec

とやっておけば、modelやspecの変更を検知して勝手にテストが走る。
(あんまりこまめにセーブする人や、オートセーブにしてる人だとエラーが出まくって鬱陶しいかも)
screenを使っているので、

screen -t spec 5 autospec

とかやって新しいscreenで動かしてみた。
さらにgrowlやubuntuのnotifyに通知も可能だけど、autotestを入れないといけないようだ。(ZenTestをインストールすれば入る)
こっちはまだちゃんと設定してないので後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>