持ち帰ってきたHDDをUSBケース(と言うかむき出しのクレードル)に納め、EeePC(Ubuntu Linux)に接続。こいつはクラッシュしようが何でもいいので、強引にマウントする。
UFSのオプションでちょっと悩んだけど、

sudo mount -t ufs -r -o ufstype=ufs2 /dev/sdb1 /mnt/temp

これでマウント成功。


途中USBが狂って再起動が必要になったりしたものの、幸い特に問題なくサルベージに成功。
復元が一番面倒だと思っていたBINDの設定は、Sandboxで/var/named以下にまとまってるので、実は/etcをサルベージする必要はそれほどなかったのだった。まぁいいか。
これを機に色々古いまま使っていた設定をモダンにした。
Railsアプリもrvm+Bundlerに切り替えたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>