ちょっと仕事でデザイナーに使って貰うアプリを書く必要が生じたので、昔ちょっと試したきりのHerokuを使ってみた。
ステージング程度なら自鯖で動かせるので、今まであんま触れる必要がなかったんだよね。まぁ職場に自鯖を知られたくないので仕事に不安定な自鯖はよろしくないので。
なお、小さなアプリなのでフレームワークはsinatraを利用した。


herokuのアカウントや鍵は取得済みとする。
まずgem install heroku、後はいつも通りgitのリポジトリを作成して、

heroku create sample-app

メールアドレスとパスワード入力が求められ(初回のみ?)git remoteにherokuが追加される。
次にアプリ側の対応。
まず以下の内容でconfig.ruを作成。

require 'server' ; run Sinatra::Application

次にGemfileを作成。

source :gemcutter
gem 'sinatra', '1.2.0'

で、commitしてpush

git commit -m 'herokuで動くようにした'
git push origin heroku

終わり。難しくありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>