時報を見てからふとPCの時計を見ると、1分も進んでいた。
ルータ(FreeBSD)で動かしているntpdに合わせてるんだけども、ルータにsshしてdateしてみるとこっちも1分進んでいる。あれぇ?
とりあえずntpの状況を確認しようとntpq -p。
ntpq: write to localhost failed: Network is unreachable
はいー?


なんだか分からないがntpdに障害が出ているようだ。調べたけどよく分からないので、ntpdを新しくしてみる。困った時のpsearchでnet/ntpがあるのを確認し、cd /usr/ports/net/ntp; make。
ntp-4.2.6p1-RC5.tar.gzが無いとか言われた。調べると2週間ほど前にRCが取れている。portsは更新されてないのか…
クイックハック…はめんどくさいのでしない。幸いRC5をまだ置いてるサーバが見つかったのでそこから拝借。/usr/ports/distfilesに置いてさくっとmake。
でもってrc.confをこんな感じに修正。

ntpd_enable="YES"
ntpd_program="/usr/local/bin/ntpd"
ntpd_flags="-p /var/run/ntpd.pid"

設定は/etc/ntpd.conf。本当は/etc/ntp/ntpd.confにしたかったんだけど、-cと-pを同時に受け付けてくれない。なぜだ。
内容は特に変えてないけど、こんな感じ。

driftfile /etc/ntp/ntp.drift
logfile /var/log/ntpd.log
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

/etc/rc.d/ntpd restartで再起動。さて/usr/local/bin/ntpq -p…
ntpq: write to localhost failed: Network is unreachable
なんでじゃあああああああ!

冷静にエラーメッセージを見てみよう。
localhostに到達できない。あははは、そりゃ大変ですねぇ。ねーよ。
念のためping localhostしてみると問題ない。んじゃあ/usr/local/bin/ntpq -p 127.0.0.1っと。
あれ…今度は正常だ。
/etc/hostsを見てみる。

::1                     localhost localhost.my.domain
127.0.0.1               localhost localhost.my.domain
# 以下略

正常だけど、まさか…
一行目をコメントにしたら到達するようになった。V6かよorz
要するにntpqがV6対応になってたせいなのか…?多分最初のunreachableも同じ理由だったんだろうなぁ。
ってことは時計がずれる問題とntpdは関係なかったのかも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>