rubyだとppデバッグとかputsデバッグだけど。
便利なモジュールが紹介されてたので使ってみる。
どっちもgemで入ります。


colored
Stringを拡張し、

puts "messages".bold.red

とかやると色つきで表示してくれる。railsのlogや、script/consoleを色々拡張して出力が見づらくなった時に便利。

clipboard
eval(Clipboard.paste)とかClipboard.copy(‘message’)とかできる。
emacsのshell-modeがあまり気に入らず普通のターミナル使ってるのでとても便利…と思ったけど編集できないので結局普通のペーストの方が良かったりした。

ついでにscript/consoleで実行されたSQLを表示する設定。
.irbrcに以下を記述。

if ENV.include?('RAILS_ENV') && !Object.const_defined?('RAILS_DEFAULT_LOGGER')
  require 'logger'
  RAILS_DEFAULT_LOGGER = Logger.new(STDOUT)
end

さらに

if ENV.include?('RAILS_ENV')
  require 'spec_helper'
end

も入れておくと、script/consoleでmachinistのmakeメソッドとか使えて便利。
machinistについてはそのうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>